ブログ|名古屋市昭和区の歯科医院【わしの歯科クリニック】

名古屋市昭和区「川名駅」から徒歩8分の、わしの歯科クリニックです。駐車場も完備しています。マイクロスコープによる診療や安心できる治療をお求めの方はご相談ください。

  1. お電話
  2. ご予約
  3. メニュー

インプラント治療の痛みが不安という方へ

こんにちは。
 
名古屋市昭和区にある、わしの歯科クリニックです。
 
 
インプラントの治療は初めての方が多いので、「インプラントにしたい、でもどれくらい痛いのか気になって治療に踏み切れない」という方がいらっしゃるかもしれませんね。
 
ここでは、インプラント治療の痛みについてのお話をしたいと思います。
 
 

インプラント手術中は痛みを感じない?

一般的には、インプラント治療で感じる痛みは、むし歯の治療でも行う抜歯処置と同じくらいといわれています。
 
とはいえ、インプラント手術の前後を含め術中は麻酔が効いていますので、実のところほぼ痛みを感じることはありません
 
麻酔注射そのものについても、注射を打つ前に歯ぐきに塗るタイプの表面麻酔を施したり、極細の注射針や体温と同じくらいに温めた麻酔液を使用したり、痛みや刺激を軽減するための工夫最大限まで行っています。
 
 
どうしても痛みに不安があるという方は、うたた寝しているような状態で治療を受けられる麻酔(点滴タイプ・ガス吸引タイプなど)をご用意することもできますので、治療を受ける歯科でご相談ください。
 
 

インプラント手術後の2~3日程度は…

インプラントの治療は外科手術なので、麻酔が切れてから2~3日程度、少し腫れや痛みを感じることがあります。
 
処方された鎮痛剤や抗生物質を服用すれば薬が効いて、痛みがそんなに出ずに治る患者さんもたくさんいます。
 
個人差はありますが、インプラントの本数が多かったり、骨造成の手術を同時に行ったりした場合は、術後2~3日、長い人は1~2週間くらい痛みが続くこともあります。
 
あまり我慢できないようなら鎮痛剤を増やすことができますので、治療を受けた歯科で相談してみてください。
 
 

インプラント手術後の痛みを抑えるために

術後に痛みが出ると冷やしたくなるものですが、冷やす場合は、頬の外側から軽く濡れタオルを当てる程度にしてください。
 
氷で冷やすと治癒を遅らせることがありますので厳禁です。そして、冷やしていいのは手術当日に限ります。
 
 
また、処方された薬はすべて飲みきるようにしましょう。自己判断で飲むのを止めてしまうのはリスクがあります。
 
術後2週間くらいは、手術したところがムズムズしてきても手や舌などで触ったりするのは控えましょう
 
飲酒・喫煙は患部に刺激を与えて治癒を遅くすることがあるため、痛みやトラブル発生の原因になります。担当医師の許可が出るまで、控える方が無難です。
 
 
インプラントの治療は「そんなに痛くなかった」という人が多いですが、実際に治療を受ける前は不安になってしまうこともあるでしょう。
 
インプラント治療について、不安なことや聞きたいことなどがありましたら、わしの歯科クリニックへ気軽にご相談ください。お待ちしています。
 

わしの歯科クリニックにご来院いただいている皆さまへ

昭和区からお越しいただいている患者さまをはじめ、最近は、遠方からご来院いただく患者さまも増えております。
それにより、ご予約がとりにくい状況となっており、みなさまには大変ご迷惑をおかけしております。
現在、少しでも患者さんのご希望のご予約がとれるよう、医院の拡充を図っております。

ひきつづき、わしの歯科クリニックをよろしくお願いいたします。

本日のダイレクトボンディング修復

本日のダイレクトボンディング修復です。
患者様お疲れ様でした!

 

予防歯科 審美歯科 インビザライン矯正 インプラント ホワイトニング 精密根管治療 ダイレクトボンディング修復 なら
名古屋市昭和区の わしの歯科クリニック へ

名古屋市昭和区川名山町1−88
052-734-6480
皆様のご来院を、スタッフ一同お待ちしております。

 

インプラント手術後の過ごし方は?食事・入浴・飲酒は、どうなる?

皆さん、こんにちは。
 
名古屋市昭和区にある、わしの歯科クリニックです。
 
 
インプラント手術が終わったら、どのように過ごせばいいのか、痛みはあるのか、食事できるのかなど、気になることがたくさんありますよね。
 
前回の記事で、インプラント治療の前日・当日の過ごし方についてお話ししました。今回は、手術後の過ごし方や注意事項をお伝えします。
 
インプラント手術後に問題なく過ごすために、事前にチェックしておいてください。
 
 

インプラント手術後の食事は?

インプラント手術後の食事は、麻酔が切れるまでは控えましょう。約1~2時間程度で麻酔の効果がなくなります。
 
手術当日に食事をとってもいいのですが、術後2~3日の間は、やわらかくて、あまり噛む必要が少ないものを選ぶようにします。
 
例えば、スープなどの汁もの、おかゆ、やわらかく煮込んだうどん、ゼリーなどです。噛む場合は、手術をした反対側で噛むように気を付けてください。
 
 
しばらく避けたいのは、刺激が強い香辛料や辛い料理、固いもの、酸っぱいもの、甘いものです。お餅やキャラメルのような歯にくっつきやすいものも止めましょう。
 
 

インプラント手術後の入浴は?

手術当日は、シャワーで汗をサッと流す程度にしておいてください。手術の翌日からは、入浴が可能です。
 
湯ぶねに浸からないと疲れが取れない、特に手術後は心身ともにリラックスしたいからお風呂にゆっくり入りたい、という気持ちになるかもしれませんが、手術当日の入浴は控えましょう。
 
血行がよくなると、手術跡が開いて出血することもあるので要注意です。
 
 

お酒はいつから飲んでもいい?

飲酒は免疫機能の低下や血流の活発化につながり、術後の回復を遅らせてしまう可能性があります。鎮痛薬を服用することにもなりますので、しばらくアルコールは控えるほうがよいでしょう。
 
一般的に術後1~2週間くらいで軽い飲酒ならできるようになりますが、タイミングは状態によって異なります。飲酒してもいいかどうか、かかりつけの医師に確認するようにしましょう。
 
 

術後の痛みはある?

 
インプラント治療は外科手術なので、麻酔が切れたあとは多少の痛みや腫れがあるものですが、抜歯処置より軽い人もいます。
 
処方した痛み止め薬などを飲めば、ほぼ治まるでしょう。個人差はありますが、早い人で2~3日、長くても1~2週間くらいで引きます。
 
 
インプラント手術について、手術前後の過ごし方に関する不安や疑問がありましたら、お気軽にご相談ください。
 

TOP > インプラント治療の痛みが不安という方へ

top