ブログ|名古屋市昭和区の歯科医院【わしの歯科クリニック】

  1. お電話
  2. ご予約
  3. メニュー

歯のクリーニングとホワイトニング、どう違う?

皆さん、こんにちは。
 
名古屋市昭和区にある、わしの歯科クリニックです。
 
 
白い歯が輝く笑顔は、人に良い印象を与えます。近頃、就活や婚活のために「歯を白くしたい」という方が増えています。
 
そこで、「歯のクリーニングとホワイトニングって、どう違うの?」と聞かれることが増えました。
 
どちらも歯をキレイにすることには違いないのですが、内容も方法も違います
 
 

歯のクリーニングとは?

 
歯についた汚れや、歯垢や歯石を取り除くためのお口のお掃除のことを「クリーニング」といいます。
 
歯科医院で行うクリーニングは、自宅で毎日の歯磨きでは行き届かない部分まできれいにします。
 
どんなに丁寧に時間をかけて磨いても、歯ブラシや清掃補助器具の届かない場所があります。
 
約20%の汚れは自力で除去するのが難しいので、歯科医院でプロによるメンテナンスを受けていただくと良いでしょう。
 
超音波の波動で汚れを落とす機械や、歯科医師や歯科衛生士が専用器具を使って手技で行うクリーンニングがあります。
 
かなり汚れが激しい歯の場合は、クリーニングを受けただけでも「白くなった」と感じることがありますが、個人差が大きいです。
 
むし歯や歯周病の予防のために、大切なメンテナンスですので、定期的に受けるようにすると良いでしょう。
 
 

ホワイトニングとは?

 
専用の薬剤を歯に浸透させ、歯を漂白することを「ホワイトニング」といいます。
 
ホワイトニングには、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、自宅で行う「ホームホワイトニング」があります。
 
両方の相乗効果を狙い、両方一緒に行う「デュアルホワイトニング」を採用している歯科医院もあります。
 
それぞれ色々な薬剤やシステムがありますので、歯科医院によっておすすめしている治療法が異なる場合がありますが、一般的には、それぞれ次のようなメリット・デメリットがあります。
 
<オフィスホワイトニング>
 
強い薬剤を使って光を照射して歯を白くします。メリットは、白さを実感できるスピードが早いこと。
 
また、歯科医院にすべてお任せできるので、わずらわしさがないという点も魅力です。
 
デメリットは、早く白くするため、後戻りのスピードも早いことです。
 
<ホームホワイトニング>
 
弱い薬剤を使い、マウスピースなどに流し込んでご自宅で、好きな時間もしくは指定の時間に、ホワイトニングを行います。
 
メリットは、オフィスホワイトニングより長持ちしやすいこと。
 
デメリットは、じっくり白くしていくので、白さを実感できるまで時間がかかることです。
 
自宅でおこなえるので、自分のペースを大切にしたい方にも向いているといえるでしょう。
 
<デュアルホワイトニング>
 
歯科医院の施術で早く白さを実感し、自宅でもケアを行うことで長持ちさせる、両方の良さを採り入れたホワイトニングです。
 
 

わしの歯科クリニックでは、「歯を白くしたい」という方に、適した治療法をご提案しています。
 
白さのことだけに限らず、歯やお口のことでお悩みがあれば、何でもお気軽にご相談ください。
 
わしの歯科クリニックのホワイトニングについてはこちら

予防につなげるための治療

水道の蛇口が開きっぱなしなのに、二人の男性が床を一生懸命に拭いています。
この絵、何かがおかしいと思いませんか?

「痛みがある」「穴があいた」という状況に対して、「神経を取る」「詰め物をする」。これはもちろん必要な事ですが、その場限りの応急処置だけでは、原因が改善されていません。

まず必要なことは、水道の蛇口を閉じること。
どうして蛇口が開いてしまったのか?を調べること。

歯科医療において。例えば「どうして虫歯になってしまったのか」を診査して、「どうしたら虫歯にならないようにできるか」を考えることが大切です。 つまり、きちんと診査をし、予防をしっかりとすることです。

わしの歯科クリニックでは、「予防につなげるための治療」をコンセプトとして、口腔内全体の診査を行うことを重視しています。

顔が歪む?肩こり?歯を抜けたままにしているとどうなる?

皆さん、こんにちは。
 
名古屋市昭和区にある、わしの歯科クリニックです。
 
 
抜けてしまった歯、そのままにしていませんか?
 
「1本くらいなくても、食べるのに困らないし…」とか、「目立つ前歯じゃないから1本くらいなくても構わない」と、抜けたままにしている方もいらっしゃいますが、実はたいへんなリスクを抱え込んでしまう考え方なんです。
 
 

歯が1本抜けたまま放置することによるリスク

 
永久歯の場合、親知らず以外の歯はすべて必要です。抜けたままにしておいても良い歯はないといえます。
歯を抜けたままにしておくと、次のようなリスクがあります。
 
・歯並びが悪くなる。
 
・噛み合わせが悪くなり、食べ物が噛みにくくなる。
 
・肩こりや腰痛悪化する。
 
・顔がゆがむ
 
・むし歯や歯周病になりやすくなる。
 
・認知症になりやすくなる。
 
・老化が加速する。
 
 

このほかにも、細かいリスクを上げればまだまだありますが、健康面にも見た目にも影響が少なくないことがわかります。
 
 

顔が歪む?肩凝り悪化?どうしてそうなる?

 
なぜ、そんなリスクがあるのかを説明しましょう。
 
歯は、隙間があると、そこへ動いていきます。こうした歯の性質を利用して、矯正が行われているのです。
 
矯正は意図してあるべき場所へ歯を動かしますが、この場合は歯が好き勝手に動いていくので、どんなふうに動くか予想もつきません。
 
歯並びがガタガタに乱れ、噛み合わせがずれたことで、肩こりや頭痛がひどくなるという状態になり、ようやく異変に気付くことも…。
 
噛み合わせのバランスが崩れると、むし歯や歯周病が悪化しやすくなるので、早々にほかの歯も失うことになりかねません。
 
また、歯と骨は密接につながっているので、顔の輪郭に影響がでて、気付いた時には顔がゆがんでしまっていた、ということもあるのです。
 
 

抜けた歯を補う治療の選択肢をご提案します

 
抜けた歯は、入れ歯、ブリッジ、インプラントなど、さまざまな方法でその機能を補うことができます。
 
わしの歯科クリニックでは、患者さまのお口の状態を診て、ライフスタイルを考慮しながら、さまざまな治療法をご提案します。
 
多彩な選択肢の中から選べますので、患者さまにとって最適な治療法をご一緒に考えていきましょう。
 
カウンセリングだけでも歓迎していますので、まずは一度、ご来院ください。
 

わしの歯科のカウンセリングについてはこちら

歯周病

突然ですが、歯周病ってご存知ですか?
・歯ぐきから出血
・歯が長くなった?
・歯がグラグラする?
こんな症状ないですか?
それは、もしかしたら歯周病かも…😱
歯周病は、歯垢(プラーク)が原因でおこる病気です。
歯垢は細菌の塊。
1mgに数億もの多種類の細菌がいるとか…😰
その中の《歯 周 病 原 因 菌》が出す毒素で歯ぐきに炎症をもたらします。

しばらくすると、歯垢とだ液中のミネラルが結合して、歯石となります。
なので磨き残しの多い、歯の根元や歯と歯の間に、歯石は出来やすくなります。
歯石は細菌のすみかになって、どんどん毒素を出し続けます。

細菌が歯ぐきを刺激して出血が起きたり、
歯を支えてる骨を溶かしはじめます。

歯周病が悪化すると、歯がグラグラするのはこのためです。
歯を失う原因はムシ歯より多いそうです🤭

写真の模型のように、左から右にいくにつれて、歯の周りの骨が溶けているのが分かりますか?

左端は健康で、キレイなピンク色の歯ぐきをしています🌷

文字通り、
歯肉炎=歯肉(歯ぐき)の炎症
歯周病=歯の周り(骨)の病気 です。
骨が溶けてしまうと、元に戻すことは非常に難しいです。
少しでも歯ぐきが気になったら、検診を!!😬😬😬🔍

【診療時間】
月曜 / 火曜 / 水曜/ 金曜 /土曜
AM 8:30 – 12:30
PM 14:00 – 18:00
【住所】
〒466-0827
名古屋市昭和区川名山町1-88
【電話番号】
052-734-6480

TOP > 歯周病

top