ブログ|名古屋市昭和区の歯科医院【わしの歯科クリニック】

名古屋市昭和区「川名駅」から徒歩8分の、わしの歯科クリニックです。駐車場も完備しています。マイクロスコープによる診療や安心できる治療をお求めの方はご相談ください。

  1. お電話
  2. ご予約
  3. メニュー

本日のダイレクトボンディング修復

本日のダイレクトボンディング修復です。
患者様お疲れ様でした!

予防歯科 審美歯科 インビザライン矯正 インプラント ホワイトニング 精密根管治療 ダイレクトボンディング修復 なら
名古屋市昭和区の わしの歯科クリニック へ

名古屋市昭和区川名山町1−88
052-734-6480
皆様のご来院を、スタッフ一同お待ちしております。

 

マイクロスコープを使用した精密根管治療

皆さんこんにちは。

わしの歯科クリニックです。

根管治療は、難易度の高い歯科治療なので、失敗する可能性もあります。

実際、一般の歯科医院における根管治療の成功率は50%程度にとどまるというデータも存在しています。

時間とお金をかけて施術したにも関わらず、治療が失敗に終わったり、治療後にむし歯が再発したりするのはあまりにも残念ですよね。

当院ではそういった可能性をできる限り減少させるために、精密根管治療を実施しております。

 

マイクロスコープによる視野の拡大

従来の根管治療では、根管内を確認するのは不可能でした。

なぜなら、細くて暗い根管はどんなに頑張っても肉眼では見て取ることができないからです。

そこで有用なのがマイクロスコープです。

歯科用顕微鏡であるマイクロスコープを使えば、肉眼の20倍程度まで視野を拡大することができます。

これまで盲目的な処置となっていた根管治療を明視野で行うことが可能になるのです。

このことによって、根管治療の精度は極めて高くなります。

 

歯科用CTによる精密診断

根管治療が難しくなる理由のひとつに、構造の複雑さが挙げられます。

根管がきれいに真っすぐ伸びているのであれば問題はないのですが、彎曲していたり、別の根管と合流していたりするなど、その構造は個々のケースで大きく異なります。

そんな根管の構造は、歯科用CTで撮影することで、正確に把握できます。

その結果、根管形成や根管の殺菌、消毒等を効率良く進めていくことができるのです。

さらには、治療期間の短縮術中トラブルの防止にも寄与します。

 

まとめ

このように、マイクロスコープや歯科用CTを活用した精密根管治療であれば、治療の精度や安全性が格段に向上します。

根管治療が難しいと診断されたケースでも、当院の精密根管治療であれば治せる可能性が出てきます。

ですから、歯の根の治療が必要な方は、ぜひ当院までご相談ください。

精密な診断を下したのち、最善といえる治療法をご提案します。

セルフホワイトニングと歯科のホワイトニングの違いとは?

こんにちは。
 
名古屋市昭和区にある、わしの歯科クリニックです。
 
 
歯を白くしたい時に行うホワイトニングですが、少し調べると、いくつかの種類があることに気づきませんか?
 
オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、そしてセルフホワイトニングという3種類のホワイトニングです。
 
同じホワイトニングという呼ばれ方なので混同しやすいですが、内容がずいぶん異なりますので要注意です。
 
今回は、その違いについてお伝えします。
 
 

医療行為か、それ以外かの違い

大きな違いは、歯科を介すか、介さないかということ。
 
つまり、オフィスホワイトニングは国家資格をもつ歯科医師・歯科衛生士が行う医療行為です。
 
ホームホワイトニングは歯科医院で作ったマウスピース等を自宅に持ち帰り、歯科の指導に従って患者さんが自分で行います。
 
セルフホワイトニングも自分で行うのですが、まったく医療に関係ない、当然ながら国家資格をもつスタッフがいないお店で購入した器材を使います。
 
 

表面の汚れだけか、浸透して白くするかの違い

当然、セルフホワイトニングでは歯科で扱う器材や薬剤が使えないので、歯科医院を介したホワイトニングとは内容が異なります。
 
歯科を介したホワイトニングの場合、歯の表面だけでなく、特別な薬剤を歯の内部まで浸透させて色素を分解することで白くしていきます。
 
対してセルフホワイトニングで落とせるのは歯の表面についたコーヒーやお茶などによる着色汚れだけ。白くできるのは、自分自身の本来の歯の色までです。
 
料金がリーズナブルなためセルフホワイトニングに引かれる方も居るようですが、ホワイトニングという名前でありながら、歯科を介するホワイトニングとは内容も品質も異なります。その点に気を付けて選ぶようにしてください。
 
 
着色汚れを落としたいなら、歯科で衛生士が行う歯のクリーニングを受けていただくことをおすすめします。
 
むし歯や歯周病の予防、口臭の予防にも効果的です。
 
 

当院のおすすめは、ホームホワイトニングです

わしの歯科クリニックでおすすめしているホームホワイトニングは、歯科の指導の元、自宅でホワイトニングを行えます。
 
身体に優しい薬剤を使い、じっくりと歯を白くしていけますし、白さが長持ちするのが特徴です。何度も通院するのが難しい、忙しい方にもおすすめです。
 
ホワイトニングについてもっと知りたいという方は、わしの歯科クリニックにお気軽にご相談ください。みなさまのお越しをお待ちしています。
 

ホワイトニングと義歯の治療、どちらを先にするべき?

こんにちは。
 
名古屋市昭和区にある、わしの歯科クリニックです。
 
 
歯を白くしたいし、インプラントも入れて、歯をキレイにしたい。そんな計画を立てているとき、「ホワイトニングとインプラントって、どちらの治療を先にすればいいの?治療の順番は?」と気になることがあるでしょう。
 
治療の順番は、ホワイトニング→インプラントがおすすめです。
 
今回は、ホワイトニングを優先すべき理由を解説します。
 
 

ホワイトニング優先の理由は?

なぜホワイトニングを先に行うのでしょうか?その理由は、仕上がった歯の色を統一するためです。
 
ホワイトニングでどれくらい歯を白くしたいのか、希望の白さがあるでしょう。ですが、歯は資質によって、どこまで白くできるかに個人差があります。
 
ここまで白くしたいと思っていても、目標の白さまで達しないこともありますし、思いのほか早いスピードで白くできることもあります。
 
インプラントなどの義歯は、一度入れてしまうとホワイトニングによって白くできません。
 
そのため、先にホワイトニングをして歯全体の白さを決めておき、その色に合わせた義歯を入れるのが正解です。
 
逆に「これくらい白くなるだろう」という予想で義歯を先に入れてしまうと、周りの歯と色が合わなくなる場合があるのです。
 
 

ホワイトニングと義歯の治療に関する注意点

ホワイトニングと義歯の治療を行うとき、気を付けなければいけないことがあります。
 
それは、ホワイトニングで得た歯の白さは、永遠ではないということです。白さを持続させるためには、ケアを続ける必要があります。
 
ケアというのは、具体的にはホームホワイトニングを定期的に続けていくことです。もしケアを止めてしまうと歯の色が元の状態に戻ってしまい、インプラントの白さが浮いてしまうことになります。
 
 

ホームホワイトニングはケアを継続しやすいのも魅力

そんな注意事項を聞くと「続けていけるかな?」と不安になるかもしれませんね。でもご安心ください。
 
ホームホワイトニングは、歯科医院で最初にマウスピースを作製すれば、あとは薬剤を購入するだけでケアを継続することができます。
 
自宅で自由な時間に行えますし、歯科医院に何度も通う必要もないので、忙しい人もケアを継続していきやすいのが特徴です。
 
思いのほかラクに白さを維持していけると思いますので、ぜひホワイトニング→義歯(インプラント)の順番で、治療を検討してみてください。
 

TOP > 本日のダイレクトボンディング修復

top