ブログ|名古屋市昭和区の歯科医院【わしの歯科クリニック】

  1. お電話
  2. ご予約
  3. メニュー

原因不明の体調不良?金属アレルギーかもしれません

皆さん、こんにちは。

名古屋市昭和区にある、わしの歯科クリニックです。

なんとなく体調が悪い…でも原因が解らない…。そんな症状に悩まされているという方は、治療してからかなり時間が経っている金属がお口の中に入っていませんか?

もし入っているなら、歯科金属アレルギーの可能性があります。

遠隔で症状がでる歯科金属アレルギー

皮膚に金属のアクセサリーが触れると肌荒れを起こしてしまうのなら、「自分が金属アレルギーである」という自覚をもちやすいのですが、歯科金属アレルギーの場合は自分では気づきにくいところが問題です。

歯科金属アレルギーの場合は、お口まわりに症状がでるだけでなく、粘膜や腸壁から吸収されたアレルギー物質が、汗と一緒に皮膚の表面に出ていきます。

そして、お口から離れところにひどい金属アレルギーの症状が表れることがあるのです。

そうなると、お口の中にできた口内炎と、遠隔で表れた肌荒れの原因が同じだとは、なかなか気づきにくいでしょう。

知らず知らずのうちに体内に蓄積されていく

長年をかけてお口の中で経年劣化した金属が溶け出して体内に蓄積されていき、許容量を超えたところでアレルギー症状が表れることがあります。

自分が金属アレルギーであることに気づかないまま、昔入れた銀歯をセラミックに変える治療をしたら、長年の悩みだった原因がわからない体調不良が解消されたというケースは少なくありません。

歯科治療で使われる金属は、金・銀・パラジウム・プラチナのほか、銅・亜鉛・スズ・鉄などさまざまな金属がほんのわずか加えられた合金です。かつては水銀を含む合金が使われていた時代もありました。

こういった金属が2種類以上、お口の中に入っていると微量な電流が発生して金属アレルギーを発症しやすい傾向があります。

歯科治療を受けた部分の劣化や金属イオンの溶け出し防ぐために、ご自宅での毎日のお口のケアや歯科医院での定期検診をしっかりと行うようにしましょう。

歯科金属アレルギーの治療とは?

金属アレルギーになりやすい人が多い金属はニッケルが代表的ではありますが、人によって反応が出る金属が違います。

治療の際は、アレルギーテストを行ってどの金属に反応するのかを診断し、該当の金属を別の素材に付け替えます。

「もしかすると、歯科金属アレルギーかもしれない」と思ったら、わしの歯科クリニックにお越しください。

歯やお口まわりについて気になること、お困りのことがございましたら、些細なことでもお気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちらからどうぞ

わしの歯科クリニックの理念 ~最先端の機器による高品質な歯科治療~

わしの歯科クリニックは、最先端機器を使用し患者様が見てわかる説明、納得した歯科治療を心がけています。
歯や顎の状態を3D撮影できるCT、精密根管治療を行うためのマイクロスコープなど、最先端の機器を揃え、虫歯からインプラントまで、高品質な歯科医療をお届けしています。

わしの歯科の医療器具について詳しくはこちら

インプラントにしたメリットって?生活がどう変わる?

皆さん、こんにちは。

名古屋市昭和区にある、わしの歯科クリニックです。
歯をなんらかの理由で失った時、その機能を回復させる手段のひとつがインプラントです。

入れ歯やブリッジなど、ほかにも歯の機能を補う方法はありますが、インプラントは自分の天然歯とかわらないほどのレベルまで機能回復が図れる優れた治療法。

そのため、多くの患者さんから「インプラントにしてよかった!」という喜びの声をいただいています。

ここでは、「インプラントにすると、どんな風に生活が変わる?」という点に注目して、インプラントのメリットを紹介します。

インプラントにして、どんな風に生活が変わった?

1.食事がよく噛めて、おいしく、楽しく食べられるようになった。

2.見た目がキレイになったので、思いきり笑えることが嬉しい。

3.ストレスが解消されて、心が軽くなった。

4.他の健康な歯に負担がかからないので、自分の歯を長持ちさせられる。

インプラントは、歯の土台となる骨に本体を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けるため、強度に優れています。

しっかりと固定されているので、天然の歯とかわらない噛み心地が得られるのも大きな魅力です。

食べ物をしっかりと噛むことができますので、まるで自分の歯が蘇ったかのような気分で食事を楽しむことができます。

噛む回数が増えて口の周りの筋肉を活発に動かすようになるので、顔つきが明るくなり、しわ・たるみの改善ハリツヤを取り戻してエイジングケアにつながるというお声も上がっています。

ストレスから解放されてスッキリ、心が軽くなる

自分の歯が再生したかのようにキレイな見た目を取り戻せるインプラント治療。

これまで「人の視線が気になって思いきり笑えなかった」というコンプレックスも解消されます。

「入れ歯で発音しにくい時があり、会話がおっくうになっていた」という方も、インプラントに変えて快活に人とコミュニケーションできるようになったといいます。

入れ歯のように取り外してケアする必要もありませんし、入れ歯が合わなくて痛い・外れやすいというストレスからも解放されます。

残された自分の歯にも負担がかからないので、歯を大切に長持ちさせることができるのも嬉しいポイントです。

日常生活におけるわずらわしいストレスが、インプラントによって一掃されるので、快適に過ごせるようになります。

「インプラントにしてよかった!」というお声が多く寄せられる理由がわかります。

いつまでも若々しく、日々の暮らしを楽しめるように

インプラント治療してみたい、興味があるという方は、わしの歯科クリニックにご相談ください。

高齢になっても若々しく、自分の歯で食べて、笑って、おしゃべりを楽しんで、日々の暮らしを充実したものに。

お口の健康を通じて、皆さまの「クオリティ・オブ・ライフ」が向上するようサポートします。

わしの歯科のインプラント治療についてはこちら

インプラントも歯周炎になる?長持ちさせるコツ

皆さん、こんにちは。

名古屋市昭和区にある、わしの歯科クリニックです。

インプラントにした歯はむし歯にならないから、ケアしなくていい、と思っていませんか?

確かに、インプラント自体は人工の歯なのでむし歯にはならないのですが、歯周病に似た症状にかかることがあるのです。

「インプラント周囲炎」といって、天然歯の周辺組織で炎症が起こる症状よりも、悪化するスピードが早いとも言われています。

インプラント周囲炎は、どんな症状?

ケアが不十分になると、毎日の歯磨きで落としきれていない歯垢が溜まり、インプラントと歯ぐきのすき間が広がって菌の温床になります。

歯ぐきが腫れ、血や膿が出て、最終的にはインプラントが抜け落ちてしまうところまで進行することも…。

インプラントを入れると、「今までと見違えるほど快適になった!」という方が多くいらっしゃいますが、その分、日常的なケアを念入りに行う必要があるのです。

インプラントはケア次第で長持ちさせられる?

インプラントにはおよその寿命はありますが、大事にすれば長持ちさせることもできます。

どれくらい長持ちするのかというと、非常に個人差がありますので、一概には言えません。

日頃のお手入れの仕方や、お口の環境などによっても大きく変わってきます。

例えば世界初のインプラントは、治療してから亡くなるまでの40年間、問題なく使えたそうです。

一方で周囲炎が進行し、10年くらいで入れ替えることになる方もいらっしゃいます。

インプラントを長持ちさせるためには、しっかりとしたケアを行って大事に使う配慮が必要でしょう。

生活習慣を整えて、免疫力を高め、菌に感染しにくい健康な身体をつくることも大切です。

インプラントを長持ちさせるサポートをしています

わしの歯科クリニックでは、インプラントの治療を行う患者さまには、毎日のケアの方法をお教えしています。

せっかく入れたインプラントですから大事に使って、できるだけ長持ちさせていきたいものですよね。

患者さま一人ひとりのお口の状態に合わせたタイミングで、定期検診やメンテナンスのご案内をしますので、ご一緒に適切なケアをしていきましょう。
わしの歯科のインプラント治療についてはこちら

TOP > インプラントも歯周炎になる?長持ちさせるコツ

top