ブログ|名古屋市昭和区の歯科医院【わしの歯科クリニック】

名古屋市昭和区「川名駅」から徒歩8分の、わしの歯科クリニックです。駐車場も完備しています。マイクロスコープによる診療やインプラント・ホワイトニングなどお気軽にご相談ください。

  1. お電話
  2. ご予約
  3. メニュー

なぜ歯が白くなるの?ホワイトニングの基礎知識

皆さん、こんにちは。
 
名古屋市昭和区にある、わしの歯科クリニックです。
 
 
「ホワイトニングで歯を白くできるのは、なぜ?」
 
頑固な歯の黄ばみ汚れ。歯磨きやデンタルリンスでは落ちないのに、歯科医院で扱っているホワイトニングなら白くできるというのは、なんとも不思議なことですね。いったい、どうしてなのでしょうか?
 
ホワイトニングに興味はあるものの、仕組みが解らないため、なんとなく踏み出せずにいるという人もいらっしゃるかもしれませんね。
 
今回は、ホワイトニングで歯が白くなる仕組みについてお話ししたいと思います。
 
 

歯の黄ばみは象牙質の色が透けているから

歯が黄ばんで見えるのは、歯の表面のエナメル質が半透明だからです。黄ばみは、そのすぐ下層にある象牙質の色。それが透けて見えているのです。
 
象牙質はもともと黄味を帯びた色をしているのですが、加齢とともに黄色がさらに濃くります。個人差はありますが、なかにはひどく黄ばんで汚れてしまったように見えるケースもあります。
 
歯が黄ばむ原因は、歯の内部構造にあるのです。歯の表面にしか届かない歯磨き剤やデンタルリンスでは、黄ばみを落とせるわけがありません。
 
歯科医院のホワイトニングで歯を白くできるのは、過酸化水素や過酸化尿素という過酸化物を含む薬剤を使用しているからです。
この薬剤がお口の中の酵素によって分解され、象牙質へアプローチし、黄ばんだ歯を白くするのです。
 
 
それとは別に、歯の表面に茶しぶやコーヒーなどの飲食による着色汚れ(ステイン)がついている場合がありますが、これは歯のクリーニングを受けるだけで、かなり改善できます。
 
 

歯を傷めず白くするホームホワイトニング

わしの歯科クリニックで扱っているホワイトニングは「ホームホワイトニング」です。
 
施術に使うアイテム一式を自宅に持ち帰って、自分で行うホワイトニングです。白さを実感できるまで、最低でも2週間以上はかかります。時間をかけてじっくり白くしていく分、白さが長持ちします。
 
歯科医院で行うオフィスホワイトニングは、数回の施術で白さが実感できるのですが、早く効果を出すために「マスキング効果で白く見せる」というテクニックが使われています。
 
マスキング効果とは、歯の表面のエナメル質の構造を作り替えて、下層の象牙質が透けてみえないようにする方法です。
 
歯を研磨したり削ったりするわけではないとはいえ、表面のエナメル質の構造を変えてしまうため、歯の表面に擦りガラスのようなわずかなデコボコができている状態になります。
 
歯の健康には問題ないとされていますが、少しでもリスクを避けたい場合は、ホームホワイトニングで時間をかけて、じっくりと白くしていくのが、おすすめです。
 
 

ホワイトニングの相談は、お気軽に

わしの歯科クリニックは、ホワイトニングの施術を受けてみたい。まずは話を聞いてみたい、という方を歓迎しています。
 
歯の黄ばみなど、気になることがあれば、何でもお気軽にご相談ください。
 

(Visited 1 times, 1 visits today)

TOP > なぜ歯が白くなるの?ホワイトニングの基礎知識

top