ブログ|名古屋市昭和区の歯科医院【わしの歯科クリニック】

名古屋市昭和区「川名駅」から徒歩8分の、わしの歯科クリニックです。駐車場も完備しています。マイクロスコープによる診療やインプラント・ホワイトニングなどお気軽にご相談ください。

  1. お電話
  2. ご予約
  3. メニュー

抜髄

少し難しい話になりますが、、「抜髄」についてのお話です。

前回のブログでMTA断髄治療についてをご紹介しました。
本日は抜髄(神経を抜く)治療の症例動画をご紹介します。

 

歯髄(=神経)を取る(=根管治療)には理由があります。
① 歯髄に細菌が感染していること
② 感染により歯髄が壊死していること
この2つです。

深いう蝕を治療する際には、できるだけ歯髄を温存(断髄処置)するように目指しますが、感染しているか否か?壊死しているか否か?を「症状」や「マイクロスコープによる観察」で診査診断します。
本症例では、マイクロスコープで拡大した歯髄の感染具合(エアーをかけたときの歯髄組織の動き方)、歯髄からの出血具合から、断髄処置の適応症ではないと判断しました。

根管治療はその歯の寿命を決めるほどの大切な治療です。この治療がうまくいくかどうかで、歯の寿命が大きく変動します。
そのため、根管治療は丁寧に適切に行われる必要があります。例えば、建物を建てる時、基礎工事がきちんとされていなければ、どんな建物を建ててもそのうち倒れてしまったり傾いたりしてしまいます。歯も同じで、根管治療が十分でないまま被せものをしたとしても根管内に炎症が起こり、膿が溜まって再度治療が必要となったり、最悪の場合には、せっかく治療したのに抜歯が必要になったりしてしまいます。
根管治療をしっかり行うことは、感染の再発を防ぐ大きな意味があり、歯の保存を成功させるためにとても重要な治療です。

わしの歯科クリニックは丁寧な根管治療診療を心がけている歯科医院です。
精密根管治療 ダイレクトボンディング修復 なら
名古屋市昭和区川名 のわしの歯科クリニック へ
名古屋市昭和区川名山町1−88
052-734-6480
皆様のご来院を、スタッフ一同お待ちしております。


(Visited 1 times, 1 visits today)

TOP > 抜髄

top