ブログ|名古屋市昭和区の歯科医院【わしの歯科クリニック】

名古屋市昭和区「川名駅」から徒歩8分の、わしの歯科クリニックです。駐車場も完備しています。マイクロスコープによる診療やインプラント・ホワイトニングなどお気軽にご相談ください。

  1. お電話
  2. ご予約
  3. メニュー

インプラント

インプラントはメンテナンスが重要?

皆さんこんにちは。

わしの歯科クリニックです。

当院は、インプラントの実績が豊富なので、安心して治療を受けることができますよ。

ただ、治療後のメンテナンスを怠ると、さまざまなトラブルが発生しやすくなります。

それだけに、メンテナンスはしっかり受ける必要があります。

今回はそんなインプラントにおけるメンテナンスの重要性についてわかりやすく解説します。

 

「インプラント周囲炎」に要注意

セラミックで作られた上部構造は、比較的汚れが付きにくくなっていますが、インプラントとアバットメントの結合部周辺は、特徴的な構造を呈していることから、汚れがたまりやすいといえます。

セルフケアを怠ると、歯垢や歯石が堆積し、インプラント周囲炎のリスクが上昇します。

ですから、セルフケアはもちろんのこと、定期的なメンテナンスでプロフェッショナルケアを受けることが大切です。

 

ネジの緩み、義歯の破損

インプラントの各パーツをつなぐネジは、使用していく中で緩むことがあります。

また、上部構造のである人工歯も何かの拍子に破損することがあり、定期的なチェックがかかせません。

そのような故障を放置すると、人工歯根に異常な圧力がかかるだけでなく、残った歯にも悪影響を及ぼしかねませんので注意しましょう。

 

インプラント保証が受けられなくなる?

インプラント治療には、保証が設けられていますが、定期的なメンテナンスを受けることは条件として課せられています。

メンテナンスの受診状況によっては、何かあった時にインプラント保証が受けられなくなります。

その点も踏まえた上で、メンテナンスをしっかり継続するようにしましょう。

 

まとめ

このように、インプラントとメンテナンスは切っても切り離せないものとなっています。

一生涯、インプラントを使い続けるためにも、定期的なメンテナンスを受けましょう。

セルフケアとプロフェッショナルケアを両立させれば、20年、30年とインプラントを使い続けることも難しくはありません。

インプラントと入れ歯の違い

皆さんこんにちは。

わしの歯科クリニックです。

むし歯や歯周病で歯を失った際には、何らかの治療法で欠損部を補う必要があります。

具体的には、ブリッジ、入れ歯、インプラントの3つです。

その際、よく比較されるのがインプラントと入れ歯ですが、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

 

人工歯根の有無の違い

インプラントと入れ歯の違いとして最も大きいのは「人工歯根の有無」です。

インプラントにはフィクスチャーと呼ばれる人工歯根がありますが、その他の治療法にはありません。

そのことによって、インプラントはさまざまな優位性を獲得することができます。

 

見た目の違い

インプラントは、天然歯に酷似した状態に仕上げることができます。

人工歯と人工歯根からなる構造自体、天然歯そっくりだからです。

また、セラミック製の人工歯は、色や質感、光沢などが本物の歯そっくりです。

一方、入れ歯は大型の装置であり、使用する素材もレジンが主体なので、インプラントより見た目が劣ります。

 

噛み心地の違い

人工歯根があると、噛んだ時の力は顎の骨に伝わります。

そのため、「噛み心地が本物の歯のようで感動した」、という感想を持たれる方が非常に多いです。

その点、入れ歯は着脱式の装置であり、インプラントほどしっかり噛むことはできません。

使用していく中でズレたり、外れたりするトラブルも起こります。

 

お手入れの方法の違い

インプラントは天然歯と同じようにお手入れできます。

定期的なメンテナンスは必須となりますが、入れ歯のように取り外してケアしなければならないということはありません。

この点も患者さんにとっては大きな違いのひとつといえます。

 

まとめ

このように、インプラントと入れ歯にはいろいろな違いがあります。

いずれの違いもインプラントに軍配が上がるものばかりです。

そんなインプラントにも保険が適用されない、というデメリットがありますので、治療選択する際には、何を優先順位に置くかが重要となります。

インプラント治療ができないと言われた時は…

こんにちは。
 
名古屋市昭和区にある、わしの歯科クリニックです。
 
 

失った歯の代わりにインプラントを入れたくて診断を受けたら、「顎の骨の量が足りない」と言われてしまったというケースは、実は珍しいことではありません。
 
骨の少ない人でもインプラント治療を行える方法はあるのですが、その診断の先の治療を行える歯科は限られています。
 
専門的な知識と技術をもつ歯科医師でなければ、治療が難しい領域になります。
 
「インプラントにすると、生活が快適になった」という方は大勢います。治療が難しいと言われても「インプラント治療をしたい、諦めたくない」という方は、ぜひこのコラムに目を通してみてください。
 
 

顎の骨の量が足りなくなる理由とは?

インプラントの治療では、顎の骨を土台に、インプラントシステムの本体を埋め込む手術を行います。そのため、十分な骨の量が必要です。
 
「顎の骨が少ないなんてことがあるの!?」と驚くかもしれませんが、歯周病が悪化したり、歯を失ったまま長く放置したりしていると、顎の骨の量は減少します。
 
合わない入れ歯を長期間にわたって使い続けていても、顎の骨が減って歯ぐきが痩せていきます。
 
日本人の顎は欧米人に比べるともともと小さめであることが多いので、加齢とともにインプラントを埋め込むための骨量が足らないという事態が発生しやすくなるという特徴もあります。
 
 

顎の骨の量を増やす「骨造成」とは?

骨の量が足りない場合は、骨造成という手術を行って骨の量を増やすことができます。
 
ところがこの治療は、どこの歯科医院でもできるわけではありません。歯科医の能力によりますので、一医院で「できない」と診断されたからといって諦めるのは早計です。
 
骨の量をしっかりと確保することで、インプラントの安定感が増しますので、骨不足を指摘された方にとってはメリットの大きい施術です。
 
骨造成には、いろいろな技法がありますので、お口の状態に合った適切な治療法をご提案します。治療内容、スケジュール、費用など、相談しながら治療計画を立てていきましょう。
 
 
インプラントの骨造成について話だけでも聞いてみたいという方は、「わしの歯科クリニック」へお気軽にお越しください。お待ちしています。
 

インプラント治療の痛みが不安という方へ

こんにちは。
 
名古屋市昭和区にある、わしの歯科クリニックです。
 
 
インプラントの治療は初めての方が多いので、「インプラントにしたい、でもどれくらい痛いのか気になって治療に踏み切れない」という方がいらっしゃるかもしれませんね。
 
ここでは、インプラント治療の痛みについてのお話をしたいと思います。
 
 

インプラント手術中は痛みを感じない?

一般的には、インプラント治療で感じる痛みは、むし歯の治療でも行う抜歯処置と同じくらいといわれています。
 
とはいえ、インプラント手術の前後を含め術中は麻酔が効いていますので、実のところほぼ痛みを感じることはありません
 
麻酔注射そのものについても、注射を打つ前に歯ぐきに塗るタイプの表面麻酔を施したり、極細の注射針や体温と同じくらいに温めた麻酔液を使用したり、痛みや刺激を軽減するための工夫最大限まで行っています。
 
 
どうしても痛みに不安があるという方は、うたた寝しているような状態で治療を受けられる麻酔(点滴タイプ・ガス吸引タイプなど)をご用意することもできますので、治療を受ける歯科でご相談ください。
 
 

インプラント手術後の2~3日程度は…

インプラントの治療は外科手術なので、麻酔が切れてから2~3日程度、少し腫れや痛みを感じることがあります。
 
処方された鎮痛剤や抗生物質を服用すれば薬が効いて、痛みがそんなに出ずに治る患者さんもたくさんいます。
 
個人差はありますが、インプラントの本数が多かったり、骨造成の手術を同時に行ったりした場合は、術後2~3日、長い人は1~2週間くらい痛みが続くこともあります。
 
あまり我慢できないようなら鎮痛剤を増やすことができますので、治療を受けた歯科で相談してみてください。
 
 

インプラント手術後の痛みを抑えるために

術後に痛みが出ると冷やしたくなるものですが、冷やす場合は、頬の外側から軽く濡れタオルを当てる程度にしてください。
 
氷で冷やすと治癒を遅らせることがありますので厳禁です。そして、冷やしていいのは手術当日に限ります。
 
 
また、処方された薬はすべて飲みきるようにしましょう。自己判断で飲むのを止めてしまうのはリスクがあります。
 
術後2週間くらいは、手術したところがムズムズしてきても手や舌などで触ったりするのは控えましょう
 
飲酒・喫煙は患部に刺激を与えて治癒を遅くすることがあるため、痛みやトラブル発生の原因になります。担当医師の許可が出るまで、控える方が無難です。
 
 
インプラントの治療は「そんなに痛くなかった」という人が多いですが、実際に治療を受ける前は不安になってしまうこともあるでしょう。
 
インプラント治療について、不安なことや聞きたいことなどがありましたら、わしの歯科クリニックへ気軽にご相談ください。お待ちしています。
 

TOP > インプラントはメンテナンスが重要?

top