衛生・滅菌環境|名古屋市昭和区の歯科医院【わしの歯科クリニック】

  1. お電話
  2. ご予約
  3. メニュー

安心・安全のための、徹底した滅菌管理health

当院では世界水準の滅菌システムを導入いたしました。 清潔で衛生的な環境は、医療現場にとって絶対条件です。残念ながら日本では、欧米圏と比べて医療関係者の感染への意識がまだまだ低いのが現状です。当院では、患者様のお口の中に入る全ての治療器具の滅菌・消毒を徹底しています。また、治療に使う手袋、エプロン、紙コップ、注射針等は全て使い捨てにしています。

  1. ミーレジェットウォッシャー
  2. クラスBオートクレーブ
  3. ハンドピース専用自動洗浄滅菌
  4. 診療ユニット

ミーレジェットウォッシャー

ミーレジェットウォッシャー

滅菌の基本はタンパク質の洗浄・除去ですが、これを手洗いで行うと、「怪我による感染」というリスクが生じます。
当院では、高水圧・高温の水による自動洗浄器「ミーレジェットウォッシャー」という洗浄・除菌システムを導入しています。「ミーレジェットウォッシャー」を使用することで、高レベルな熱湯消毒が可能となり、また、器具の表面だけでなく内部まで洗い流すことができます。
「ミーレジェットウォッシャー」を使用することで、医療従事者を怪我による感染リスクから守り、より安全な医療環境作りにも努めています。

クラスBオートクレーブ

クラスBオートクレーブ

患者さんを治療時の感染から守るため使用される高圧蒸気滅菌器はヨーロッパ基準で3つのクラス(クラスB>クラスS>クラスN)に分類され、最高水準クラスが「クラスB」になります。当院ではドイツ製シロナ社の「DACプロフェッショナル」という最高級のクラスB滅菌器を導入しています。
「DACプロフェッショナル」では、チャンバー内の滞留空気を抜き真空状態にしながら飽和蒸気を注入し、これを数回繰り返すことにより、様々な被滅菌物の隅々まで蒸気を行き渡らせることで、トップレベルの滅菌が実現可能です。また、沸点を下げる真空での乾燥温度(92℃以下)と除菌フィルターを通した清潔なエアーによって、被滅菌物に優しく且つ衛生的な乾燥を行います。

ハンドピース専用自動洗浄滅菌

ハンドピース専用自動洗浄滅菌

治療後のハンドピースには、血液や様々な細菌やウイルスが付着している可能性が高いです。また、ドリル内部には唾液や削ったカスが逆流して不衛生な状態になっていますから、たとえ外側を消毒・滅菌したといっても、内部まで滅菌されていなければ、感染の可能性が残っていることには変わりがありません。
このような危険があっても、薬液消毒のみを行っている歯科医院は多く、滅菌処理を行っている歯科医院はまだ少ないのが現状のようです
当院ではドイツ製シロナ社の「DACユニバーサル2」を設置して、ハンドピースの滅菌処理を行っています。「DACユニバーサル2」を使うことで、器具内部のオイルや血液細胞、唾液などを高温で徹底的に滅菌することができるようになりました。

診療ユニット

診療ユニット

診療ユニットにはドイツKAVO社,エステチカE50を採用しました。この診療ユニットは高度で精度の高い治療ができる様々なテクノロジーを搭載していますが、最大の特徴は殺菌水循環システムをユニット内に搭載している点です。
一般的な歯科治療ユニット内にいきわたる水には、1ml あたり11000バクテリア群体にまで達するという報告もあり、何もしないとユニット内では細菌が繁殖してしまいます。 
どんなに滅菌システムを整えても、直接口に入る歯科ユニット内の水が汚染されてしまうと、滅菌の効果がなくなってしまうのです。このようなリスクを避けるために、歯科ユニットにいきわたる水を消毒するシステムが必要となります。
エステチカE50ユニットでは、常にユニット内を清潔に保つ殺菌水循環システムにより常にクリーンでキレイなお水が出てきます。

わしの歯科クリニック > 衛生・滅菌環境

top