マウスピース型矯正装置(インビザライン)|名古屋市昭和区の歯科医院【わしの歯科クリニック】

名古屋市昭和区「川名駅」から徒歩8分の、わしの歯科クリニックです。駐車場も完備しています。マイクロスコープによる診療や安心できる治療をお求めの方はご相談ください。

  1. お電話
  2. ご予約
  3. メニュー

マウスピース型矯正装置(インビザライン)invisalign

アクセス

エントランス
  • 地下鉄川名駅から徒歩8分
  • バス停「山中」バス停留所より徒歩4分
  • 駐車場4台完備
  • コインパーキング(16台収容可)
  • 無料駐車券をご用意しております。

わしの歯科クリニック

診療案内

インビザライン


マウスピース型矯正装置(インビザライン)

インビザライン

マウスピース型矯正装置(インビザライン)では、マウスピース型矯正装置だけを使って矯正治療を行います。マウスピース型矯正装置は患者様お一人お一人に合わせてカスタムメイドされており、定期的に取り替えることで少しずつ歯を動かしていきます。装着しても透明で目立ちにくいため、矯正治療中でも気づかれにくいのが特徴です。
※完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。
※当院では、矯正治療専門医であり、インビザライン公認の講師である増岡先生にクリンチェックの確認・最終修正を依頼しております。 詳しくはこちら ▶

マウスピース型矯正装置
(インビザライン)のメリット

外から見ても目立ちにくい
マウスピース型矯正装置は透明なため目立ちにくく、まわりの人に矯正治療中なことがほぼわかりません。
自分で取り外せる
食事や歯磨きの時にもご自分で取りはずせます。そのため、お口の衛生管理が楽です。特別なイベント中には外して思い出を残せます。
お口の中や舌などを傷つけない
ワイヤー矯正のように、矯正器具がお口の中や舌などを傷つけることがありません。
比較的痛みが少ない
複数のマウスピースを使って徐々に歯を動かすため、痛みが少ないです。
金属アレルギーにならない
プラスチック製のため、金属アレルギーを起こすことがありません。
後戻り予防にもなる

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の注意点

すべての歯並びに対応していないため、複雑な症例の場合は対応できないことがございます。

1日につき22時間以上の装着が必要となります。それよりも装着時間が短くなると、矯正治療の効果が上がりにくくなります。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)がおすすめの方

●むし歯や歯周病のリスクを抑えて矯正治療をしたい
●まわりの人に矯正治療中だと気づかれたくない
●歯磨きや食事の時は矯正器具を外したい
●金属アレルギーを防ぎたい
●痛みをできるだけ減らしたい

ワイヤー矯正との違い

① 見た目

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、透明で装着していてもほとんど目立ちません。ワイヤー矯正は歯の表面にブラケットという金具を取り付けてワイヤーを通すため、装置が目立ちます

② 矯正治療中の痛み

ワイヤー矯正はワイヤーを強く締め付けて歯を移動させるため、強い痛みが起こることがあります。マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、弱い力で少しずつ歯を動かすためワイヤー矯正よりも痛みは少なめです。

③ お口のケガ

ワイヤー矯正では、歯に取りつけたブラケットがお口の中や舌を傷つけることがあります。マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、お口の中や舌を傷つけることがありません。

④ お口の衛生管理

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は食事や歯磨きの時にご自分で取りはずせるため、隅々まで歯をきれいにすることが可能です。ワイヤー矯正では、矯正装置のまわりに食べかすなどがつきやすいため歯磨きに時間がかかります。

当院のマウスピース型矯正装置(インビザライン)の特徴

3D光学スキャナー「iTero(アイテロ)」を導入

当院のマウスピース型矯正装置 (インビザライン) の特徴

●負担を軽減
●精度が高い
●治療時間を短縮


「iTero」は口腔内をスキャンする3D光学スキャナーになります。
短時間(約1分)でスキャンがすることができ、従来の歯の型取りのように印象材を口に入れる必要もないため、苦しい思いをすることなく歯型をとることができます。また、精密なスキャニング技術により精度の高い情報を得ることができるため、治療の質の向上につながります。 スキャンした情報はインターネット上で送ることができるため、従来よりも治療の開始を早められ、長くお待たせすることもございません。



iTeroの特徴

①精度の高いのデータで細部まで再現が可能
当院のマウスピース型矯正装置 (インビザライン) の特徴

iTeroでは高精度のスキャニングデータを得ることができるため、歯の細部まで正確に再現した歯型をとることができます。従来の型取りで製作したマウスピースと比較すると、装着に関するトラブルが減少したという報告もございます。また、デジタルデータで取得ができるため、歯型が変形する、手技による精度の差が生じるといった恐れもありません。


②不快感のない型取りができる
当院のマウスピース型矯正装置 (インビザライン) の特徴

従来の粘土のような歯型の材料をお口に入れる必要がないため、不快な味や誤飲の心配がありません。また、呼吸のしづらさや異物感も少ないため、嘔吐反射が強い方でも安心していただけます。
歯型の材料を固めるための静止時間も不要なため、口を大きく開けづらい方でも負担が少ないです。


③短時間で治療可能
当院のマウスピース型矯正装置 (インビザライン) の特徴

約1分でスキャンができるため、短時間で歯型をとることができます。
その場ですぐに確認もできるデジタルデータのため、模型の作り直しが必要になるなど、再度ご来院いただくようなトラブルが起きる心配もありません。
従来であれば型取り後に 石膏模型の作製→模型の空輸→装置作成→装置の空輸といった流れが必要でしたが、iTeroであれば歯型のデータをインターネットですぐに送信できるため、従来と比べ約1~2週間程度も早く治療をスタートできます。

治療の流れ

治療の流れ

STEP.1
初診の際に、特殊なスキャニング用装置を使ってお口の中を撮影し、歯型データを撮ります。

治療の流れ

STEP.2
治療計画用ソフトウェアで、患者様の歯科記録に基づいた治療計画を作成し、3Dによる治療計画をお見せしながら治療内容・治療期間などを説明いたします。 当院では3D光学スキャナーのiTero(アイテロ)を導入しております。
従来の型取りは不要でお口の中を3Dスキャンするだけで歯並びやかみ合わせをその場でチェックし、矯正後のシュミレーションを見ることができます。

治療の流れ

STEP.3
カスタムメイドされたマウスピース型矯正装置が到着します。ご来院いただき、2~3セット分のマウスピース型矯正装置をお渡しいたします。毎日22時間以上の装着をお願いいたします。
なお、1~2週間ごとに次のマウスピース型矯正装置に取り換えていただきます。

治療の流れ

STEP.4
約4~6週間ごとにご来院いただきます。
治療の進行をご確認いただき、2~3セット分の次のマウスピース型矯正装置をお渡しいたします。

治療の流れ

STEP.5
歯並び・かみ合わせが整ったら、矯正治療は終わります。 その後も元の歯並びに戻ってしまわないように、一定期間保定装置を装着していただきます。

治療費用

インビザライン93.5万円 (税込)
インビザライン GO
※限局的インビザライン
49.5万円 (税込)

治療費用が分割でも可能
~デンタルローン~

「目立たない矯正歯科をやってみたい!」
「歯を抜かずに矯正歯科を行いたい!」
「セラミックで銀歯を白くして、口の中をキレイにしたい!」


でも、自費診療だから治療費をまとめて支払うのは厳しいので、できない…。

そう思っていませんか?


例えば、インビザライン GO 49.5万円(税込)>をアプラスのデンタルローン(84回払い)を利用した場合、
なんと!毎月6,700円でお支払いが可能です!!


項目 価格
1回目お支払い 10,328円
2回目以降のお支払い 6,700円/月

当院では、アプラスのデンタルローンを扱っています。

それぞれ、金利や利用条件が異なりますので、まずは気軽に従業員にご相談ください!

名古屋市 わしの歯科クリニック > マウスピース型矯正装置(インビザライン)

top